スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベルナルド】東方銀符律 第19回公式大会レポ

書いた後上げるの忘れてただけとかクソ。


使用デッキ:月単幽々子コントロール


デッキの選択理由は、前回の教訓を踏まえて「コストあたりのキャラの質」に注目したことで
それゆえに、ハンドが増えるわけではないですが、高効率でデッキを回せる幽々子・にとり・紫が軸となったこのデッキに価値を見出しました。

あと、月っていうカラーが除去ほど強烈ではないですが、逆に雪よりも低リスクでの相手キャラの無力化が可能であるということも理由としてあります。

すると、結果的にゲーム展開が引きこもりがちになるため、最終的に固まった盤面での一方的なゲーム展開を目指して、リグル・にとり+めーりん・蓮子+幽々子あたりの運用が重要になります。



・1戦目:花日 シロタツさん 勝
このデッキを作って初めての試合。

相手の諏訪子にドローさせられまくってるにもかかわらず、めーりんやら空き巣やら使えそうなカードがまったく引けなくてピンチになる。

本来なら、そのまま負けて終わりだったんだけど、最終局面で相手のチルノをティータイムできたことと、諏訪子の花コストが切れたこともあってギリギリ勝ち。



・2戦目:花雪 霧風スカーレット 勝
フランドールをティータイムして、蓮子連打ゲー。

途中、蓮子を除去されたりもしたけど、きゅーかんぱーでエンドレス蓮子。



・3戦目:花単 skytさん 勝
序盤から賽銭詐欺込みで紫出せたことと、相手の橙に1発目できのこ刺せたのが大きい。

早々に紫対面のもっちもちがチャンプしちゃったから、あれは結果的にはプレミだったように思ってしまう。



・4戦目:花雪 緋色 勝
相手の橙にきのこできてないにもかかわらず、終盤手前で守らずに殴りにいっちゃったのはプレミだったような気がした。

相手の移動させる藍しゃまが鬼強かった試合だったけど、最終場面の連子とティータイムが強くて勝利。



・5戦目:宙単 かずきさん 勝
今回は殴りあうデッキじゃなので、以前より屠自古に苦戦を強いられなかったのは大きい。
幽々子で引きこもりつつ受け流しながらゲーム伸ばして、最終的な盤面が

相手:玄じい+メディスン霧雨の3点クロック
自分:にとめーりん+リグル+連子の3点+αクロック

になり、引きこもり勝利。
途中殴れた場面があったのはプレミだったと思う。反省。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

大分Lyceeブログ

Author:大分Lyceeブログ
大分などでリセしてる人たちのブログ。
以下書いてる人たち(twitterリンク有)
ベルナルド(Lycee日本勢)
ろき(実は福岡勢)
トム(ボカロ厨)
あるく(大分Lycee勢の重鎮)
しろつば(マダダーレモー)
カラ(屋上へ行こうぜ)
ふうか(久々にキレちまったぜ・・・)

詳しくはこちら

PR
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。