スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ベルナルド】東方銀符律 第18回公式大会レポ

まずは溜めてた先週の銀符の分から。


使用デッキ:雪日フラン

デッキの選択理由は、メルランが噛み合った時のパワーと、純粋なフランのパワーを加味して
デッキとしての平均値がまだ他のデッキに対応し得ると思ったから。

あとは「慣れているデッキの方が結果出るよね~」とか思考を放棄した自分の甘えw


・1戦目:花宙ゆゆこ あかさん 勝
序盤からフランとメルランが噛み合って展開できたことがまず1。

次に相手のデッキコンセプトがゆゆこで、中央AFが死んでしまったのが痛すぎるのが2。

最後に、適度に除去が飛ばせたため、相手のルーミアがサポート足りなくて、最後まで死にキャラになってしまったのが3。



・2戦目:宙花 子供のえむないんさん 勝
幻月と蘇我屠自古が強すぎて、フラン引けなければ負けがありえた試合。

屠自古の制圧力が高すぎて、AP3とDP1のキャラの人権の無さが半端無く、ナズーリンはリリーで止まるわ、幻月はお燐で止まらないわで死ぬかと思った。

途中、屠自古を除去できたからよかったものの、宙キャラの脅威を最近噛み締めつつあるね。

リリー白&黒のようにDFの花キャラが軽い場合、宙で殴る+花で固めるの基本戦術がドローがない銀符では十分に脅威であることも同時に学んだ。



・3戦目:花雪 しょうどうさん 勝
相手のダメージコントロールがもう少し噛み合っていれば負けたであろう試合。

咲夜単体で戦線維持しないといけなくて、あまりにも厳しい展開だった。

というか雪の3ハンドキャラは、どれも質がイマイチすぎるのが原因だよね。
相手の天子見てて思ったわ。打点3点も違うもん。



・4戦目:月雪t花 つっち~☆さん 負
初手見たら雪単で、フランとDFキャラしかいなかった。

んで、フラン出したら相手が早苗グレイソーから西行妖打ってきたw
もうこの時点で負けだよねw

やっぱり、4ハンドキャラを出すことが前提で軸になってるデッキはそれだけでリスキー。



・5戦目:日花 テラヤマトさん 負
相手先行。メルラン・橙・日フラン! ドヤッ

こっち手札が除去無しの雪オンリー。だがフランはいない('A`)

圧敗\(^o^)/



てなわけでいい感じのゴミでしたw

1日使って思ったのは、平均的なデッキの安定性の問題から来るカードパワーの低さ。

やっぱり噛み合った前提のパワーに目が行くけど、基本的なパワーが低いのなんの。
フラン自体はパワーは高いけれど、リスクがそれを打ち消すくらい高いのも問題すぎたかな。

日のAFは3/1しかなく即止まる上に、雪AFは3ハンド払ったにもかかわらずAP3しかなくて還元効率がめっさ悪く
そもそも、咲夜を使うためにアイテムに8枚もスロット裂いてる事実がデッキの質の問題として重すぎた。

安定性ってのは、デッキのどこをドローをしても強いか、強く回せる何かがあるってことと言えると思うから
その理論からしても、雪投入はかなりのリスクがあるってことを改めて考える必要があると思った。

今後はキャラの質に注目して、場持ちが良いて効率を重視したキャラ選択での構築を計画しようと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

大分Lyceeブログ

Author:大分Lyceeブログ
大分などでリセしてる人たちのブログ。
以下書いてる人たち(twitterリンク有)
ベルナルド(Lycee日本勢)
ろき(実は福岡勢)
トム(ボカロ厨)
あるく(大分Lycee勢の重鎮)
しろつば(マダダーレモー)
カラ(屋上へ行こうぜ)
ふうか(久々にキレちまったぜ・・・)

詳しくはこちら

PR
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。